リンク


最近の記事


お気に入り


カテゴリー


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:美容整形
魅力的な胸は、女性らしさの象徴ともいえもす。

でん、出産、子育て、そして加齢・・・と、女性のライフサイクルのなかで、これほど悲しか変化を免れんごっ部分はないんそ。

胸の悩みは、そん豊かさだけではあいもはん。
大きさが左右で揃っておらん。
垂れ下がっとる。
乳首や乳輪の黒ずみ・・・など、何らかの悩みを抱えとる人は多いでは?

美容整形は、そげん女性の救世主となってくるっちゅうでしょうか?

従来の豊胸術は、ワキの下を数センチ切開し、医療用の豊胸バッグを挿入すう方法が主にとられておいもした。見た目も感触も自然で、豊胸術の主体を占めもす。

でん、メスを使うのはちっと・・・と、不安な方にな、SUB-Q(サブ・キュー)挿入法がお勧めかもしれません。ヒアルロン酸を注射器で注入すう方法ござんで。これなら、注入すう位置や量によって自分の好みのバストに仕上げられもす。乳腺を傷つくうこっもないで、妊娠や授乳への影響も心配あいもはん。注入時間も10分?20分ござんで。
そいどん、気軽に受けられる反面、医療バッグを挿入すう方法と異なり、注入したヒアルロン酸は1?2年で体内に吸収してしまうため、効果は永久とはいきません。

そん他、脂肪注入法といって、自分の太ももなどの脂肪を胸に注入すう方法もあいもす。太ももの脂肪も取れてしまう! と一石二鳥かもしれませんね。医療バッグと異なり、もともと自分のもんですから抵抗も少ないかもしれません。ただし、これも定着率は50パーセント程度ござんで。

形の崩れをカバーしたか、ちゅうひといな、バストリフト法がおこなわれもす。ただし、通常の豊胸術と異なり、高度な手術技術が必要ですから、確かな腕のある医師に執刀を依頼すうこっが重要ござんで。

数ある美容整形の対象なかでん、胸は女性ならではの領域ござんで。微妙な感触の違いは、精神的いも大きな影響を与ゆっんそ。全身麻酔が必要となる場合もあいもんで、くれぐれも信頼のおくう医療機関、医師を選択すうこっが重要ほいならぁこたあ言うまでんあいもはん。
スポンサーサイト

テーマ : バストアップ - ジャンル : ヘルス・ダイエット


copyright © 美容整形と豊胸手術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。